本のあらすじ・感想

「あなたが毎日好き放題して生きているだけで、人を幸せにしてしまってる状態を作ることができる」 by 仕事したく「ない」人のための働か「ない」働き方: 仕事漬けの「多動力」? それとも、1日実働3時間の「不動力」? 著者:河本真

Pocket

仕事したくないなあ〜と思っていたときになんとなくダウンンロードした本。予想以上に学びが多かった。

著者

Mr.Mこと河本真さんの本です。過去にTEDxで講演もしたことがあるそう。

本の内容

週に21時間(1日3時間×7日)以上は働かずに、自分の強みを活かして、稼ぐ仕組み作りをするには何が必要か、主に心の持ち方や価値観を変えることなどをメインに、教えてくれる本です。

いつもと違う場所で考えたり、作業したりしてみよう!

毎回同じ場所で同じ人と、使い慣れた PC とキーボードなどを見ながら作業していても、脳はクリエイティブな作業をしてくれることは極めて少ない!

Bamu
じゃあどうすればいいの?

ココがポイント

いわゆるデスクワークの時間を極力まで少なくし、なるべく、脳が空っぽかつ 常にクリエイティブが発揮される状態を作っていく

働くのをやめてみる?!

あなたが働く行為をやめることは、言い換えると、働くことから距離をおくこと。海外旅行に出かけて、日本の素晴らしさが分かったり、一人暮らしを始めて、両親のありがたさに気づけたりするように、一度、「働く行為」から距離を置くことで、冷静かつ俯瞰的に「働き方」を眺めることができる

どう社会貢献したいか考えてみよう

マザーテレサの名言にこんなものがある。

「大切なのは、どれだけ多くをほどこしたかではなく、それをするのに、どれだけ多くの愛をこめたかです。」

無意識ギブとは?

著者の定義によると「意識していなくても世の中にいい影響を与えている、生きていることが社会貢献になっている」という状態のことのようです。

無意識ギブの例:笑顔。毎日、無意識に笑顔で生きている人は、それだけでかなりイケている社会貢献をしている!

たまたま立ち寄った喫茶店やカフェで、物凄く気持ちの良い笑顔を見て、癒されたことがありますか?そのようにあなたが毎日好き放題して生きているだけで、人を幸せにしてしまってる状態を作ることが大切なことです。

著者は世界中の人々が、この無意識ギブを活かした働き方をすることができれば、もっともっと、この世界はハッピーになるのではないかと提案する。

ハッピーな状態とは?

ココがポイント

ハッピーとは頑張っている感のない楽しさを満喫している人が 1 日の中で極めて多い状態

朝にしたほうがいいことって?

午前中の自身のパフォーマンスを最大限に高めて、「過去の確認」ではなく「未来を作る動作」を極限までに増やすこと。

朝早く起きて、白湯を飲み、内臓を洗浄し、身体を温め、ワークアウトに出かけ、心拍数を高め、一気に全身の血流をよくする!

自分がどこに向かっていて、現在地はどこにいるのか? 今後、何をしていくと目的地に早く辿りつくことができるのか? そして、その目的地に向かう道中でどのような問題が発生するのか? これを、しっかり把握すること

不安要素や気になっていることもすべてお気に入りの紙とペンで全て洗い出す

朝イチの作業で重要なこと→一切、インターネットを繋げないこと

午前中の時間に意思決定をしたほうがいい理由とは?

最も欲や感情に支配されない時間だから。

欲や感情に支配された意思決定は、短期的であり破滅的なアイデアが多い

隙間時間を有意義に使おう!

ココがおすすめ

最高にいいシンキングタイムに使える時間。1 つ目は、移動中。そして、もう 1 つは、待ち時間。

あなたもこう思ってない?

皆、社会的な基準や権威によって決められる評価基準により採点されるのではなく、本当の自分を、本来持っている自分のパワーを評価されたく思っている

「お金は《お金を払ってくれる仕組み》を作って稼ぐもの」 要は、お金を払ってくれそうな人たちを探し、そこに彼らがお金を「払ってくれる」ような仕組みを作ってお金をいただく稼ぎ方

いわば、世の中に必要とされるものを提案するようなお金の稼ぎ方だけではなく、人が思わず応援したくなってしまい、ドンドン人に紹介したくなってしまうような仕組みを作り、それによってお金をいただくお金の稼ぎ方である

本を読んで 1 つだけやろうというより、全部やらないとダメというような価値観が根付いてしまっているのだ。全部やらないと評価されない教育を長年受けてきたのだから。 一つだけ得意な分野があっても、他がすべて苦手だと評価されない(日本の義務教育では)ので結局、全部を無理矢理「嫌でも」やるしかなくなる

私たちの最大の問題とは?

僕らの最大の問題は、世界における自分の位置が見えないこと。

世界から見たときに、自分の何が尖っていて、何が人の役に立ちやすいのか?そして、何が不向きであり、すべきではないのか? などが分からない。

ではどうする?

異業種の方や、様々な世代の方と付き合うべき。

それなりに向上心や研究心がある人(オタクと言われる)ほど、自身を過小評価しがちであり、その気づかないうちに積み重なったスキルや才能を軽視しがち

だからこそ、異業種や世代の違う人たちと触れ合い、積極的に、あなたの常識を壊していこう!

生まれたからには才能を発揮できずに終わるなんてもったいない

現代社会では、終身雇用されたいと思っている人以上に、自身の想いを100%注ぎたい、才能と強みを最大限に発揮したいと思っている天才たちは人々が思っている以上に多い。だが、大概の天才は、現代社会に潜む数々の罠によってなかなか才能を発揮できる環境を見つけられずに、全力投球できなくなっている

【実践すること】

この本を読んで私が実践すると思ったことを忘れないという意味も含めて記録しておきます。

①毎日笑顔を意識して過ごす

②移動中や待ち時間をシンキングタイムとして活用する。

③自分の強みを発見するためにソースのプログラムをやってみる。

 

Pocket

人気の記事

1

こんにちは!湘南の夫婦です。 15年以上B’zのファンのアラサーOLです。 今日は私が学生時代に聞いていた時はイマイチ意味がわからなかったけど、大人になってからはっとした歌詞をランキング形式でご紹介し ...

2

寂しい時、辛い時、元気を出したい時・・(つまり毎日)いつもB’zの曲を聴いてきました。稲葉さんと松本さんが生きていることに感謝しつつ、聴いています。 そんなB'zの曲で好きな曲とその曲の歌詞をまとめて ...

3

幸福と感情的な幸福の何十年にもわたる研究は、より深い幸福は多くの人がコントロールすることで経験できることを証明しています。不幸に対する魔法の治療法はありませんが、認知的、感情的、肉体的な行動を複数回行 ...

4

猫と人間は同じ言語を話しません。でも飼っている猫にあふれる愛情を伝えたい・・!と思うことありますよね(*´ω`*) 幸いなことに、あなたが愛猫を愛していることを伝えられる方法があります♪飼い主さんと猫 ...

5

こんにちは♪ 先日ピーちゃんの紹介記事を公開いたしました。その記事で、ピーちゃんは私達夫婦と親世帯で飼っていて、コロナをきっかけにメインのピーちゃんの居場所を私達夫婦の世帯に変更したことをお伝えしたの ...

-本のあらすじ・感想

Copyright© 湘南の夫婦ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.