本のあらすじ・感想

「これからの日本に大事なのは、いろんなコミュニティがあって、複数のコミュニティに所属しつつ、そのコミュニティを自由に変えられること」by 日本再興戦略 著者:落合陽一

Pocket

著者

現代の魔術師と呼ばれているメディアアーティストの落合陽一さんの本です。年齢がさほど変わらないことに驚きました。。

本の内容

日本は西洋的個人を超越しなければならない

本質的な問題は、「我々はコミュニティをどう変えたら、次の産業革命を乗り越えられるか」ということなのに、「どの職業が食いっぱぐれるのか」という議論ばかりをしているのです。そうした「AI脅威論」は、西洋の個人主義の文脈において出てくるものですから、本来の日本人 がそうした問いに振り回される必要はない。これから日本が東洋的な感覚を土台にしてテクノロジーを生かしていくためにも、まずは西洋的個人を超越しなければならないのです。

オンとオフの区別をつける必要はない

以前、『WIRED』で、「旅行に行くときもスマホを持っていくとオンとオフの区別がつかないのでよくない」という趣旨の記事があったのですが、これも日本的にはあまり向いていない考え方なのでしょう。オンとオフの区別をつける発想自体がこれからの時代には合いません。無理なく続けられることを、生活の中に入れ込み複数行うのが大切なのです。

複数のコミュニティを持つ大切さ

これからの日本に大事なのは、いろんなコミュニティがあって、複数のコミュニティに所属しつつ、そのコミュニティを自由に変えられることです。どのコミュニティを選ぶかは本当に人それぞれです。家族を基盤にしてもいいし、会社を基盤にしてもいいし、地域コミュニティを基盤にしてもいいし、趣味を基盤にしてもいい。

メディアの基準に合わせた幸福感を持っている私たち

西洋的な幸福観は押し付けられたものなのに、今の日本人はメディアの基準に照らし合わせて「とにかく幸せでないといけない」と信じ込むようになってしまいました。何かを求めているけれども、それが足りないという状態は、実は依存症です。

とにかく行動する

手を動かせ。モノを作れ。批評家になるな。ポジションを取った後に批評しろ。

落合陽一さんは研究室の学生によく言っているそう。悩んでばかりでは意味がない。とにかくまずやってみる。

最も印象に残った箇所

これからの日本に大事なこと

いろんなコミュニティがあって、複数のコミュニティに所属しつつ、そのコミュニティを自由に変えられること

【実践すること】

この本を読んで私が実践すると思ったことを忘れないという意味も含めて記録しておきます。

①何かモノを作る

(現時点で考えてるのは気分に合わせて読みたい漫画をおすすめしてくれるシステム)

②地域のコミュニティに貢献する活動に参加する

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 日本再興戦略 NewsPicks Book/落合陽一(著者) 【中古】afb
価格:350円(税込、送料別) (2020/2/12時点)

 

楽天で購入

 

 

Pocket

人気の記事

1

こんにちは!湘南の夫婦です。 15年以上B’zのファンのアラサーOLです。 今日は私が学生時代に聞いていた時はイマイチ意味がわからなかったけど、大人になってからはっとした歌詞をランキング形式でご紹介し ...

2

寂しい時、辛い時、元気を出したい時・・(つまり毎日)いつもB’zの曲を聴いてきました。稲葉さんと松本さんが生きていることに感謝しつつ、聴いています。 そんなB'zの曲で好きな曲とその曲の歌詞をまとめて ...

3

幸福と感情的な幸福の何十年にもわたる研究は、より深い幸福は多くの人がコントロールすることで経験できることを証明しています。不幸に対する魔法の治療法はありませんが、認知的、感情的、肉体的な行動を複数回行 ...

4

猫と人間は同じ言語を話しません。でも飼っている猫にあふれる愛情を伝えたい・・!と思うことありますよね(*´ω`*) 幸いなことに、あなたが愛猫を愛していることを伝えられる方法があります♪飼い主さんと猫 ...

5

こんにちは♪ 先日ピーちゃんの紹介記事を公開いたしました。その記事で、ピーちゃんは私達夫婦と親世帯で飼っていて、コロナをきっかけにメインのピーちゃんの居場所を私達夫婦の世帯に変更したことをお伝えしたの ...

-本のあらすじ・感想

Copyright© 湘南の夫婦ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.