学び

【2018最新版】国別のワイン生産量って?生産量順にランキング発表!

Pocket

 

こんにちは!

あなたはワインと言えばどの国を思い浮かべますか?
私はフランス、ドイツ、アメリカ(カリフォルニア)のワインが飲みたいな〜と思う事が多いです。

店頭でもフランスやカリフォルニアのワインが売られてることが多いと感じますが、実際国別のワインの生産量ってどうなんでしょ?
今回調査して、まとめてみました!

出典:2018年 国別ワイン生産量

国別ワイン生産量ランキング2018

5位:アルゼンチン

14.5ミリオンヘクトリットル

以前はアルゼンチンは世界のワインシーンではあまり知られていない国でしたが、近年急激に成長しているワインの輸出国として注目されています。

アルゼンチンワインの主要なブドウは、19世紀半ばにフランスからアルゼンチンに輸入されたボルドー品種であるマルベックです。 アルゼンチンで生産されている他の赤品種には、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ボナルダ(母国イタリアではシャルボノとして知られています)、 シラー、テンプラニーリョ、ピノ・ノワールが含まれます。白ワインの中でも、アルゼンチンのワイン産地の代表的なブドウはトロンテスで、フローラルでトロピカルな味わいのワインです。 また、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、ピノグリジオも生産されており、アルゼンチンのワイン産地はメンドーサ、サルタ、ネウケン、リオネグロ、カタマルカ、ラリオハ、サンファンの7つです。 中でもメンドーサは量と質の面でリーダーであり、全国のワイン生産の約80%がチリのサンティアゴからアンデス山脈のほぼ真向かいに位置し、ブエノスアイレスの西約650マイルに位置するこの砂漠地帯に集中しています。

 

4位:アメリカ

23.9ミリオンヘクトリットル

ワインはアメリカのすべての州で生産されていますが、ワイン産業が重要な役割を果たしているのはカリフォルニア、オレゴン、ワシントン、ニューヨーク、バージニアの5つの州だけです。

カリフォルニアは、米国の総生産量の約90%を生産する、米国で圧倒的に最大のワイン生産地です。  最近では、故ロバート・モンダヴィは、アメリカ人に良質のワインと美味しい食事の利点を教育したと評価されており、カリフォルニア州、特にナパの手付かずの訪問者に優しいワイナリーは現在、世界中のワイン観光のモデルとなっています。  ナパソノマはカリフォルニアのワインを支配している2つの地域ですが、特にパソローバルズ、モントレー、サンタクルーズ山地、サンタマリアバレーなど、サンフランシスコ南部の地域では評判が高まっています。

3位:スペイン

40.9ミリオンヘクトリットル

スペインは世界第3位のワイン生産国です。地中海の気候に恵まれた土地が豊富にあり、独自のワイン造りへのアプローチにより、大量の生産能力を誇っています。

ワイン生産地域はリオハペネデスアンダルシアなどが有名です。

リオハ:ラリオハ州北部、特にエブロ川渓谷のほとりでは、スペインの最高の赤ワインが生まれます。豊富な雨、心地よい夏の日差し、そして一般的に暖かい冬に支えられたこの地域は、甘さと酸味のバランスのとれたブドウにとってほぼ完璧な気候を誇っています。この地域のワインは圧倒的に赤く、生産量の4分の1未満が白です。熟成にも適したリオハレッドは、絹のような感触とスパイシーなアロマで有名で、しばしば崇高な樽の色調を示します。

ペネデス:カタロニアの自治地域にあるスペイン北東部の海岸にあるペネデス。バルセロナのカタロニアの首都の色とは異なり、エブロ川デルタにあるペネデスは、スペインの「cava」の起源として知られています。これは「シャンパン法」を使用して作られたスパークリングワインです。ラリオハとその有名な赤とは対照的に、この地域は「ペンデスオブホワイト」と書かれていることがあります。

アンダルシア:スペイン南部に広がる土地のアンダルシアは、世界で最も有名な強化ワインの1つである「シェリー」の起源として名声を博しています。シェリー酒は、発酵後のベースワインにブランデーを加え、混合物を熟成させて、得られる飲料のアルコール度数と保存性を高めることで製造されます。

2位:フランス

46.4ミリオンヘクトリットル

フランスには、アルザス地方、ボルドー地方、ブルゴーニュ地方(ブルゴーニュ地方)、ボジョレー地方、シャンパーニュ地方、コート・デュ・ローヌ地方、ジュラ地方、ラングドック地方、ロワール渓谷、メドック地方の約10の主要なワイン産地があります。しかし、内陸南西部やノルマンディーなど、他の多くの地域でもワインが生産されています。

各地域のワインには特定の評判があり、一部のワインは他のワインよりも有名です。しかし、「最高の」フランスのワイン生産地域はありません。好きなワインの種類によって異なります。 

3つの主要な品種は赤(vin rouge)、白(vin blanc)、ロゼ(rosé)です。これらの色は、それらを作るために使用されるブドウの色に由来しています。

1位:イタリア

48.5ミリオンヘクトリットル

イタリアワインは、世界で最も古いワイン生産地域の本拠地であるイタリアのすべての地域で生産されています。イタリアは世界最大のワイン生産国であり、ブドウ畑の栽培面積は702,000ヘクタール(1,730,000エーカー)で、2013〜2017年の年間平均4830万hlのワインに貢献しています。 2018年、イタリアは世界生産の19%を占め、フランス(17%)およびスペイン(15%)を上回っています。[1タリアワインは世界中に輸出されており、1人当たり平均42リットルを消費するイタリア人の間で国内的に人気があり、世界のワイン消費量で5位にランクされています。

Pocket

人気の記事

1

こんにちは!湘南の夫婦です。 15年以上B’zのファンのアラサーOLです。 今日は私が学生時代に聞いていた時はイマイチ意味がわからなかったけど、大人になってからはっとした歌詞をランキング形式でご紹介し ...

2

寂しい時、辛い時、元気を出したい時・・(つまり毎日)いつもB’zの曲を聴いてきました。稲葉さんと松本さんが生きていることに感謝しつつ、聴いています。 そんなB'zの曲で好きな曲とその曲の歌詞をまとめて ...

3

幸福と感情的な幸福の何十年にもわたる研究は、より深い幸福は多くの人がコントロールすることで経験できることを証明しています。不幸に対する魔法の治療法はありませんが、認知的、感情的、肉体的な行動を複数回行 ...

4

猫と人間は同じ言語を話しません。でも飼っている猫にあふれる愛情を伝えたい・・!と思うことありますよね(*´ω`*) 幸いなことに、あなたが愛猫を愛していることを伝えられる方法があります♪飼い主さんと猫 ...

5

こんにちは♪ 先日ピーちゃんの紹介記事を公開いたしました。その記事で、ピーちゃんは私達夫婦と親世帯で飼っていて、コロナをきっかけにメインのピーちゃんの居場所を私達夫婦の世帯に変更したことをお伝えしたの ...

-学び

Copyright© 湘南の夫婦ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.