海外の幼児教育

幼児教育はやっぱり重要?ペリー就学前プロジェクトについて

Pocket

こんにちは!研究員1です♪

1960年代に行われたペリープレスクールプロジェクトが、次の世代にも影響を与えたことをご存じでしょうか。今回の記事では、この教育的試みが長期的にどのような影響を与えたかを検証し、次の世代に与える影響を探ります。

ペリー就学前プロジェクトとは?

ペリー就学前プロジェクト(High/Scope Perry Preschool Study)は、1960年代に米国ミシガン州イプシランティで行われた画期的な研究プロジェクトです。このプロジェクトは、質の高い幼児教育が恵まれない環境にある子どもたちに与える長期的な影響を評価することを目的としていました。

この研究では、3歳から4歳までの低所得のアフリカ系アメリカ人の子ども123人が登録されました。参加者は、プリスクールの介入グループとコントロールグループのいずれかにランダムに割り当てられました。介入群では、刺激的なカリキュラム、高度な訓練を受けた教師、少人数制のクラス、保護者の関与など、包括的かつ集中的な教育プログラムを受けました。

研究者は、参加者の生涯を綿密に追跡し、教育成果、社会的・感情的発達、雇用状況、犯罪行為、その他の関連する結果を追跡調査しました。その結果、ペリー幼児教室のプログラムに参加した子どもたちは、対照群と比較して長期的に大きな利益を得ることができたのです。

研究結果の主なものをいくつか紹介します:

    • 学業成績: ペリー幼児教室に通う子どもたちは、学校生活を通じて学業成績が良く、高校卒業率も高く、中等教育への進学率も高かった
    • 社会経済的成果: ペリー幼児教室に通う子どもたちは、大人になってから、就職率の向上、収入の増加、公的扶助への依存度の減少など、社会経済的な成果が向上した
    • 犯罪と非行: ペリー幼児教室に通う子どもたちは、対照グループと比較して、逮捕や有罪判決の割合が低く、犯罪行動が減少したことが明らかになりました

ペリー就学前プロジェクトは、恵まれない子どもたちに質の高い幼児教育を提供することが長期的に有益であることを裏付ける重要な証拠を提供しました。それは、早期介入が子どもの人生の軌跡にプラスの影響を与える可能性を強調し、早期教育プログラムへの投資の重要性を強調しています。

幼児教育の質の重要性がわかるおすすめ本!

created by Rinker
¥1,760 (2023/12/11 14:01:33時点 楽天市場調べ-詳細)

ペリー就学前プロジェクトの課題

1960年代以降、ペリー就学前プロジェクトは、幼児教育と長期的なアウトカムとの関係について重要な洞察を提供してきました。長年にわたり、このプロジェクトは、さらなる成功の達成を阻む多くの課題に遭遇してきました。

ペリー就学前プロジェクトが直面した主な問題のひとつに、資金調達があります。初期費用は民間の資金で賄われましたが、その後の取り組みの多くはそうではありませんでした。その結果、いくつかの重点分野では、研究を成功させ、より大規模に実施するのに十分な資金や評価を得ることができませんでした。

プロジェクトが直面した2つ目の大きな課題は、特定のイニシアチブに対するコミュニティの抵抗や関与の欠如でした。これは、幼児教育などの重要なテーマに関する一般的な知識の欠如から、利害関係者にすぐに結果をもたらさない特定のイニシアチブに対するコミュニティの反対まで、さまざまなものがあります。また、恵まれない地域の人々は、ジグラー教授がペリーで行っているような教育プログラムを、自分たちのニーズを満たせず、不必要な問題に対処していると認識する可能性があります。その結果、経済的自立や長期にわたる投資の有用性に対して高い負担を強いられることになります。

最後に、異なる時代の異なるコホートについて行われた多くの研究が、現代社会の異なる文脈における影響や適用可能性に関して、さまざまな結果を生み出していることも認識しておく必要があります。例えば、時間とともに変化する家族の力学や、このプロジェクトの立ち上げ時期の早い段階では利用できなかった技術の進歩により、当時得られた同様の結果を、2019年以降にどのように適用するかについて、さらなる洞察が必要になるかもしれません。

ペリー就学前プロジェクトで得られた結果まとめ

ペリー就学前プロジェクトの結論は、全体として、質の高い早期介入を受けた子どもと大人は、そうでない子どもよりも学校での成績が良く、収入も多いということを示しています。また、このプロジェクトでは、プログラムに参加した大人は、参加していない同じような背景を持つ大人に比べて、雇用レベルが高く、生活保護利用率が低く、持ち家率が高く、金融能力が高く、市民的責任が高まり、犯罪事件が少なかったことが分かりました。

さらに、プログラムのベネフィット・コスト・レシオを比較して測定した社会への経済的リターンは、7:1〜10:1と推定されました。これは、恵まれない子どもたちのための就学前教育への初期投資と、追加税収のコストを比較することで算出されたものです。このことから、質の高い就学前教育への投資は健全な公共投資であり、家庭と社会全体の両方に長期的な経済的利益をもたらすことが明確に示されました。

今後のさらなる研究と議論

ペリー就学前プロジェクトは、就学前教育が学業や社会的な成果に与える影響について貴重な知見を提供しましたが、この分野ではまださらなる研究の必要性があります。効果的なプログラムの種類や、どの年齢で実施すべきなのかについて、さらなる調査が必要です。さらに、長期的な利益がどのように維持されるのか、プリスクールが生涯にわたる改善を生み出すことができるのかについても、研究が必要です。

また、プリスクールが性別、社会経済的地位、民族の違いにどのような影響を与えるか、様々な角度から検証することも重要である。さらに、テクノロジーの進歩による影響など、さまざまな学習モデルが子どもの全体的な発達に与える短期的・長期的な影響についても検討する必要があります。この分析は、政策立案者が、より深い学習体験とより良い成果を促進するために、幼児教育を支援する計画を策定する際の指針となるであろう。

これらのトピックを中心とした議論は、50年以上前にペリー幼児教育プロジェクトが始まったときと同様に、今日も広く行われています。何世代にもわたる研究のデータからさらに知識を得て、社会における教育の取り組みをより実質的に前進させる方法を考えなければならない時期に来ているのです。学校、家庭、地域社会が一体となって、幼児教育の機会を通じてより高いレベルの人生の成功を促進し、将来にわたって最も価値のある結果を得ることを目的とした言説のプラットフォームに集まることが適切です。

Pocket

湘南バイリンガル研究会

サイト管理者は主に研究員1(妻)。 米国に5年滞在経験あり。(なのにスピーキングが大の苦手。) 本業はデジタルマーケター。 帰国子女の研究員2(夫,米フロリダ州、カリフォルニア州に8年滞在経験あり)とともに、バイリンガル研究会会長(長女2歳)、名誉会長(次女1歳)を満足させる研究成果を出すべくバイリンガル教育を必死で勉強中。

グローバル教育本ランキング

子どもの世界を広げるために親ができることとは?おすすめのグローバルな子育て本ランキング!

世界標準の子育て

本書は、世界各国で行われている子育ての理論と実践を体系化し、1冊にまとめた子育ての本です。
一般的に、「子育てには正解がない」と言いますが、「明確な正解がある! 」というのが本書の主張です。著者は、日米で20年以上教育現場に携わり、これまで4000名以上のアジア人の育成をしてきました。
まず本書の前半では、アメリカ、イギリス、北欧、シンガポール、インド、中国、韓国などの国々で行われている教育の実情、それをふまえて、日本人の子育の間違いを、指摘していきます。

そして後半では、実践編として、子どもの子育てノウハウを体系化しています。

米国最強経済学者にして2児の母が読み解く子どもの育て方ベスト

経済学者の両親のもとに生まれ、ハーバード大で統計学を学び、
ブラウン大で経済学部教授を務める医療経済学者が
子育てに関する異例の数の「研究」にあたり、
2児の母としての「実経験」から
本当に使える情報を厳選!

シリコンバレー式 世界一の子育て

Google、Amazon、Facebook、Appleなど最先端企業の親たちが選んだ
シリコンバレーのバイリンガル幼稚園経営者が教える 『世界に羽ばたく子』の育て方!

おすすめ記事

1

こんにちは!研究員1です♪ 子どもをバイリンガルに育てたい!日本から世界へ羽ばたいてほしい! そんな風に考える親御さんも多いのではないでしょうか♪ 私も英語が全く話せないまま米国の大学に進学して、異文 ...

2

こんにちは!湘南の夫婦です☆ 先日、大庭に新しくインターナショナル幼稚園が開校するというお話を伺い、家族で体験レッスンに参加してきました! そのインター幼稚園はAICバイリンガル幼稚舎湘南校という名前 ...

3

教育界では「STEAM教育」(もしくはSTEM教育)という言葉が流行していますよね。我が家の娘たちを入れる予定のインターナショナル幼稚園でも、2年ほど前からSTEAM教育の授業を取り入れ始めているとの ...

4

こんにちは!研究員1です。年子姉妹を育てています。 今日は都内に住んでいた私が数年前何故湘南に移住したのかという経緯をお話したいと思います。 結論から言うと湘南に移住してよかった!というのが今思ってい ...

5

こんにちは!研究員1です♪ 近年は幼児教育の重要性が騒がれていますよね。(といっても詰め込み教育ではなくのびのび、子どもを主体に考える教育が広がってきている気がします) 幼児期の活動や学習経験は、子ど ...

-海外の幼児教育